年率表示のトリックや為替手数料の理解度で客を選別する 高金利預金

「楽してカネを増やしたいというスケベ心を刺激するという意味で、金融機関は風俗業界と同じだ」著者は語りかける。ここでは、吉本佳生『金融広告を読め』を12回にわたって要約し、金融機関による金融商品広告の読み方を学ぶ。第1回は、高金利預金。

続きを読む 年率表示のトリックや為替手数料の理解度で客を選別する 高金利預金

モリー・クロケット 「でたらめ神経科学に気をつけろ」

「商品を売りたいなら脳のイラストをパッケージに貼りなさい」モリーは皮肉を込めて語りかける。ここでは、60万ビューを超える Molly Crockett のTED講演を訳し、神経科学データの解釈の限界について理解する。

続きを読む モリー・クロケット 「でたらめ神経科学に気をつけろ」

場所、構成、受渡日、受渡確率の違いの利用 サヤ取りのタイプと条件

前回は、シンプルなオプション・プレミアム計算法 ブラック=ショールズ式についてまとめた。ここでは、場所、構成、受渡日、受渡確率の違いの利用 サヤ取りのタイプと条件について解説する。

続きを読む 場所、構成、受渡日、受渡確率の違いの利用 サヤ取りのタイプと条件

シンプルなオプション・プレミアム計算法 ブラック=ショールズ式

前回は、先物・オプション・スワップ取引の合成と組み合わせ デリバティブについてまとめた。ここでは、シンプルなオプション・プレミアム計算法 ブラック=ショールズ式について解説する。

続きを読む シンプルなオプション・プレミアム計算法 ブラック=ショールズ式

先物・オプション・スワップ取引の合成と組み合わせ デリバティブ

前回は、本質は収益のバラツキとリスクを小さくすること ポートフォリオ理論についてまとめた。ここでは、先物・オプション・スワップ取引の合成と組み合わせ デリバティブについて解説する。

続きを読む 先物・オプション・スワップ取引の合成と組み合わせ デリバティブ

本質は収益のバラツキとリスクを小さくすること ポートフォリオ理論

前回は、市場・信用・流動性・取引・法的・システム 金融工学とリスクについてまとめた。ここでは、本質は収益のバラツキとリスクを小さくすること ポートフォリオ理論について解説する。

続きを読む 本質は収益のバラツキとリスクを小さくすること ポートフォリオ理論

マーケット・信用・流動性・取引・法的・システム 金融工学とリスク

「金融工学はマネーゲームに勝つための秘法だと信じてしまうと、大損するリスクを見破れないかもしれません」著者は語りかける。ここでは、吉本佳生『金融工学 マネーゲームの魔術』を5回にわたって要約し、サヤ取りという金融工学の本質を理解する。第1回は、金融工学とリスク。

続きを読む マーケット・信用・流動性・取引・法的・システム 金融工学とリスク

財政と金融の完全分離と地方分権の確立 財政投融資制度の将来

前回は、ガバナンスの確保と金利の市場化が肝 財政投融資改革の方向性についてまとめた。ここでは、財政と金融の完全分離と地方分権の確立 財政投融資制度の将来について解説する。

続きを読む 財政と金融の完全分離と地方分権の確立 財政投融資制度の将来

ガバナンスの確保と金利の市場化が肝 財政投融資改革の方向性

前回は、費用便益分析、情報開示、破綻判定条件の確立 財投と社会資本整備についてまとめた。ここでは、ガバナンスの確保と金利の市場化が肝 財政投融資改革の方向性について解説する。

続きを読む ガバナンスの確保と金利の市場化が肝 財政投融資改革の方向性

費用便益分析、情報開示、破綻判定条件の確立 財投と社会資本整備

前回は、政府活動の相対化と地方分権の強化 財政投融資の行財政面からの考察についてまとめた。ここでは、費用便益分析、情報開示、破綻判定条件の確立 財投と社会資本整備について解説する。

続きを読む 費用便益分析、情報開示、破綻判定条件の確立 財投と社会資本整備