3d-atlas-of-the-universe

カーター・エマート 三次元宇宙地図のデモ

今日は皆さんにDigital Universeをご紹介できることを大変光栄に思います。これは私たち人類が宇宙においてどこに存在しているのかを知るために制作しました」エマートは語りかける。ここでは、120万ビューを超える Carter Emmart のTED講演を訳し、三次元宇宙地図のデモを紹介する。

要約

過去12年間、カーター・エマートは科学者、芸術家やプログラマーと共に宇宙の完全な三次元視覚化の構築に取り組んできました。この驚くべき旅をデモすると共に、どのようにしてこれが世界中の施設に共有されているかを説明します。

Carter Emmart uses astronomy and computational modeling to create scientifically accurate, three-dimensional tours of our universe.

 

1 人類が宇宙における存在箇所を知るための「Digital Universe」

今日は皆さんに Digital Universeをご紹介できることを 大変光栄に思います。これは私たち人類が宇宙において どこに存在しているのかを 知る為に制作しました。それではビデオを流しましょう[ヒマラヤ山脈](音楽)カーター=エマート:人類の進化と共にあった平らな水平線は 限りない資源と 廃棄物の処理に対する 無制限の許容量といった 無限性を象徴するものでした。しかし 人類が 初めて地球を出て 大気圏外から 水平線が 折れ曲がっているのを見て 地球の有限性に 人々は気づくことになります。Digital Universe Atlas の 製作は アメリカ自然史博物館にて 12年前に着手されました。そのメンテナンスをし続け 一つのプロジェクトとして まとめることで 宇宙をあらゆるスケールで 視覚化できるようにしました。今ご覧になっているのは地球を回る衛星と 宇宙に対して正確に登録された 地球です。12年前にNASAが このプロジェクトを ハイデン プラネタリウムの改築の 一環として世界に向けて 公開できるように 支援してくれました。

 

2 メインの宇宙ショー製作の中核を担うもの

Digital Universeは 私たちがドームで行っている メインの宇宙ショー製作の中核を担うものです。でも ここでご覧になられているのは スウェーデンのリンコピン大学と 提携したインターシップによって できたものです。これを12人の学生に 彼らの卒業制作として 取り組んでもらいました。その結果 この Univiewと呼ばれるソフトウェアと スウェーデンにある SCISSという会社が生まれたのです。このソフトウェアは 双方向で利用できます。この実際の飛行経路と 私たちが見ている動画は 編集されていないライブ映像です。この動画は私の住んでいるマンハッタンの東側にある Earth Mattersと呼ばれるカフェで ノートパソコンを使ってキャプチャーしました。これはルビン美術館との 共同プロジェクトとして 比較宇宙論における 展示用に 作ったものです。

 

3 宇宙は想像以上に巨大

このように外へ遠ざかることで 地球からはるかに遠い銀河を見る事ができ 光の速さで進むことで どれだけ遠くまで来たかを 感じることができます。更に外へ向かうと これらの離れた惑星の光は 長い時間がかかっていることから 本質的に過去へと遡り始めます。ずっと昔まで遡ることによって ようやく周囲を包み込む構造体のようなもの — ビッグバンの残光を見る事ができます。これはWMAPで得られた マイクロ波背景放射が 見えているところです。ここでこの構造体を見るために 外周部周辺を回ります。もしここの外を出たら 時間の生まれる前の状態にあるので ほとんど無意味です。これが私たちの可視宇宙の構造です。宇宙は想像以上に巨大であることが分かります。

 

4 この地図は更新でき、新しいデータを追加できる

急いで戻ってみると 始めに私たちが飛び出した球体が見えます。これは 私たちがマッピングした 最新の太陽系外惑星の位置です。太陽をはじめとする太陽系も確認できます。ここからはかなり急いで飛び込んでいかなければなりません。何桁分か拡大することで 太陽系を確認するようにします。これらは ボイジャー1号と2号 パイオニア10号と11号の軌跡です。太陽系を離れた初めの4機の宇宙探査機です。近づいて 地球を捕捉しました。月の軌道に 地球を確認しました。この地図は更新でき 新しいデータを追加できます

 

5 ドーム間や教室間をネットワーク接続することができる

知人のキャロリン=ポルコ博士は カッシーニ計画のカメラ部門責任者です。ここではカッシーニ計画において ミッション毎に色付けされた 複雑な軌跡を表示しています。水星よりも大きな 最大の月である タイタンに45回近づけるように 様々なミッションのフェーズ毎に 軌道をそらすように精巧に開発されています。このソフトウェアのおかげで こういったものに近づくことができます。このソフトウェアはドーム間でネットワーク接続することができるため ユーザー基盤を広げています。ドームを繋げるばかりか ドームと教室を繋げることもできます。私たちは実際に宇宙の旅を ガーナにあるサハラ以南初の プラネタリウムと 共有することをはじめとし 図書館が新しく建てられた コロンビアのスラム街や カンボジアの 高校にも宇宙の旅を共有しました。カンボジアの学生は ハイデン プラネタリウムを彼らの高校から実際に操作しました。これは日曜日に 衛星アクアが撮影した画像をUniviewによって投影しています。ご覧になっているのは地球の端です。これはネパールです。ここがラサの谷で ここはチベットです。その下のインドでは ガンジス谷の火によるかすみが 見えます。ここがネパールとチベットです。

 

6 私たちのふるさとは宇宙であり、私たちは宇宙の一部でもある

最後に私たちが生きている この美しい世界についてお話したいと思います。ここは少し雪が積もっていますが 何人かはここから出発されたと思います。私が伝えたいのは 今世界が必要としているのは より大きな尺度で 自らを見つめ直すことができ より大きな視点でふるさとについて考えることができる能力です。私たちのふるさとは宇宙であり 私たちは宇宙の一部でもあるのです。これは全員に当てはまることです。私たちの状況を あらゆるスケールで俯瞰することは 私たちが宇宙においてどこにいて 私たちが何者なのかを理解する上で役立つはずです。ありがとうございました(拍手)

最後に

人類が宇宙における存在箇所を知るための「Digital Universe」。更新・追加ができる地図で、宇宙が想像以上に巨大であることがわかる。私たちのふるさとは宇宙であり、私たちは宇宙の一部でもある。より大きな視点でふるさとを考えよう

和訳してくださった Yuki Okada 氏、レビューしてくださった Takahiro Shimpo 氏に感謝する(2010年2月)。

改訂新版 アトラスキッズ宇宙地図


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>