aaron-koblin

アーロン・コブリン 人間性を巧みに描く

「膨大なデータを視覚化することによって、私たちの人間性を表現できます」コブリンは語りかける。ここでは、120万ビューを超える Aaron Koblin のTED講演を訳し、人間性を巧みに描く技術について理解する。

要約

芸術家アーロン・コブリンは、彼が保有する膨大なデータを視覚化します。飛行機の軌跡を描いた美しい線や携帯電話からの発信データによる景観、クラウド・ソーシングで集約された描画によるジョニー・キャッシュのビデオや、ユーザーのためにカスタマイズされる “荒野の街” 等の作品を発表しています。彼は現代的なテクノロジーを使って、私達をより人間らしく表現します。

Aaron Koblin is an artist specializing in data and digital technologies. His work takes real world and community-generated data and uses it to reflect on cultural trends and the changing relationship between humans and technology.

 

1 データは人間をより人間らしく見せてくれる

データは人間をより人間らしく見せてくれます。私達は人生に関するあらゆるデータの収集作成を続けていますが そのデータから驚くべきストーリーが導き出されます。メディア理論家は最近のツイートで “19世紀文化は小説により定義され 20世紀文化は映画により定義され 21世紀文化はインターフェースによって 定義されるだろう”と言っていました。私も彼に賛成です。私たちはデータに動かされています。そのデータを披露すれば素晴しいストーリーを 奏でるインターフェースを生む絶好の機会となります。プロジェクトをご紹介しましょう。私が数年来取り組んできた― 人間の生活とシステムを反映させるプロジェクトです。

フライトパターン” と呼んでいます。ご覧いただいているのは 飛行機の交通量です。北米を24時間行き交う飛行機です。だんだん黒くなってきました。人々が眠り始めたことを示しています。次に 西海岸を見てください。飛行機が横断して夜行便が西海岸に向かっています。東海岸の人々が目を覚まし始めました。続いて右上には ヨーロッパからのフライトが到着しています。人々が東海岸から西海岸へと移動を始めました。サンフランシスコとロサンゼルスが見えます。左下のハワイに向けて移動が始まりました。

2 空の上では様々な飛行機が飛んでいる

14万機もの飛行機が 連邦政府によって常にモニタリングされているのです。このデータからシステム負荷の変動が分かります。全く同じデータを重ね描きしました。飛行機の種類で色分けしました。空の上では様々な飛行機が飛んでいるのです。このデータをグーグルマップに乗せました。それぞれの空港を拡大して 飛行機の飛行パターンを見ることができます。低い高度は白色で表示され― 高い高度は青色で表示されます。更に拡大できます。これはアトランタです。アトランタには大きな出荷用空港があり 様々な役割を担っています。飛行機のモデルやメーカー別に 高度を切り替えて表示させることも可能です。多様性が浮き彫りになります。さらにスクロールすると 別の空港や飛行パターンも見られます。画面上方の東海岸では ニューヨークの空港の混乱が見てとれます。航空交通管制官が 近隣の主要空港と折り合いをつけるのです。

少しだけズームアウトします 。アメリカが見えます。右下隅はフロリダです。西海岸に移りましょう。サンフランシスコとロサンゼルスです。ネバダとアリゾナは 交通量の少ない領域です。その下はロスとロング・ビーチです。違うパラメーターでも見てみましょう。データから抽出するものは あなた次第です。こちらは上昇飛行と降下飛行です。徐々に空港が変化しています。画面下に 着陸待機中の飛行機が見えます。最終的には方向を変えているのが分かります。

3 国際通信やショートメッセージの数を視覚化

これはマサチューセッツ工科大学の研究室と共同で取り組んだ別のプロジェクトです。国際通信を視覚化しました。ニューヨークが他の国際都市と 通信する様子を表しています。ニューヨーク近代美術館の地球儀でライブ展示されています。“しなやかなさのデザイン”というエキシビションです。24時間前の情報を随時発信しています。通信会社から配信されてくる 人口統計学上のデータとの 関係性の変化が分かります。今度はマサチューセッツ工科大学の研究室および アムステルダムの技術研究所と共同で行ったプロジェクトです。アムステルダム市内で送信されるショートメッセージの数を視覚化したものです。ショートメッセージ数の日々の変動がみられます。街の様々な場所で通信されているのです。大みそかに“明けましておめでとう!”と言っています(笑)

これはインタラクティブなツールで 自分で動かして 違う場所を見ることもできます。国民の祝日である“女王の日”にしてみましょう。人々が街のあちこちから送信する― ショートメッセージ数の日々の変動がみてとれます。人が街の中心部に集まってきています 祝日の前夜祭です。まさにこの場所で起きているのです。翌日の女王の日をお祝いしています。一時停止して動かすと違うフェーズからも見られます。

4 機械仕掛けのトルコ人

次は全く違うものをお見せします。ご存じの方もいらっしゃるでしょう。ヴォルフガング・フォン・ケンペレン男爵の機械式チェスマシンです。チェスが大変上手なロボットですが 実際にはロボットではありませんでした。箱の中で両足を失った男性が操作して トルコ人形がチェスをしているよう見せかけていました。アマゾンのウェブサービス名の “機械仕掛けのトルコ人” は このトルコ人形に由来しています。このウェブサービスは1つの前提にもとづきます。人間には簡単でもコンピュータにとっては難しい事がある このウェブサービスの作成者は言いました “プログラマーなら誰でも― 何千人もの頭の中に侵入できるソフトウェアを作れる“ 私の中のオタクは考えました “こいつは凄い。人の頭に入りこめるとは!” もう片方のオタクの私は思いました“最悪だ。全くおかしな話だ。機械生命体につないで 人類の未来にどんな影響をもたらすのか?“ 極端かもしれませんが 自分たちが何に取り組んでいるか知らぬまま 単純に作業をこなすとどうなるでしょう?

そこで私は描画ツールを作成して 左向きの羊を描いてもらいました。“あなたのご協力に2セント支払います” と添えました。羊が集まり始めました。たくさんの違う種類の羊です。本当に多くの羊が集まりました。収集された羊の中から最初の1万頭をTheSheepMarket.com と呼ばれるサイトに掲載しました。20頭の羊の群れを購入できます。羊を個別に選択することはできませんが 切手シートになって販売されています。一見するとただの格子の並びですが カーソルを移動させるとそれぞれの羊が表示されます。極めて機械的なプロセスの裏側に 人間性が垣間みられるのです。非常に興味深いことに この地道な作業を行う人々は 無から有を生みだす創造的プロセスの中で 皆つながっているのです。私達の人間性と この壮大に広がる格子との対比に 深く興味を持ちました。素晴らしい描画も含まれていました。

5 羊は追随者の象徴

プロジェクトの統計をご紹介します。1時間におよそ11頭の羊が収集されました。時間給にして69セントでした。662頭が却下されました。基準を満たさなかった羊達は 群れから追い出されたのです (笑) 描画に費やされた時間は4秒から46分の間でした。意欲と貢献の隔たりがあったことが分かります。7599人がプロジェクトに参加しました。実際にはIPアドレス数を― 参加者数としてカウントしました。たった一人だけこう言っていました (笑)”なぜ?なぜこんな事をする?” 意外でした“なんで羊を描くんだ?” という意見を予想していましたから もっともな質問ですね。

羊を選んだ理由は色々ありました。羊は世界で初めて 副産物の機械処理を目的に飼育され 生産形質のための選択的繁殖が行われ さらに最初にクローンにされた動物です。言うまでもなく 羊は追随者の象徴と考えられています。“星の王子さま” の中で語り手が王子に羊の絵を描くよう頼みます。王子は何度も何度も羊を描きます。王子が箱を描くと語り手はやっと満足します。彼は言います。“羊を上手に描くことじゃなくて 自分なりに解釈して違うことをすることが大事だ“ 私の好きな言葉です。

6 子ども全員にノートPCを

これはチャーリー・チャップリンの映画 “モダン・タイムス” の一場面です。チャップリンが産業革命時代の 大きな変化に対応しようとしています。靴職人はお払い箱となり 靴底を付ける作業者がいます。仕事に対する在り方の大きな変化を示唆しています。興味深いシーンだったので 16コマに分割して “機械仕掛けのトルコ人“に描画ツールと一緒に流し込みました。左側がオリジナルのコマで 右が 何の事情も知らない 16人が描いたコマです。

そして友人の川島 高と取り組んだプロジェクトに インスピレーションを与えました。私達は”機械仕掛けのトルコ人”の本来の目的のために使うことにしました。つまりお金をつくることです。100ドル紙幣を1万ピースに分割し “機械仕掛けのトルコ人“に流し込みました。見たままを描くよう参加者に伝えました。今回は羊のような基準は設定せず 棒線画もスマイルマークも そのまま含めました。参加者がどれだけ上手に課題をこなしたか 実際にご覧ください。分割された100ドル紙幣をTenThousandsCents.com というサイト上に集約したので 個別に見ることができます。100ドル紙幣の描画は100ドルで販売され 売上は“子ども全員にノートPCを”で有名な 100ドル・ノートPC・プロジェクトに寄付されます。個別の作品をお見せしています。点描画法を使った美しい描画もありました。上図のように― かなりの時間を費やして写実的に仕上げられています。棒線画を描いた人もいればスマイルマークを描いた人もいます。右側中央に “1セント!!! マジで?”と書いている人がいますね。たった1セントしか払って貰えないの?とね(笑)

7 2000人乗りの自転車

”機械仕掛けのトルコ人”を使った最後のプロジェクトは 2000人乗りの自転車“ です。友人のダニエル・マシーと共同で行いました。この二人をご存じの方もいらっしゃるでしょう。60年代のベル研究所のマックス・マシューズとジョン・ケリーです。二人が世界で初めてコンピュータに歌を歌わせました。曲は “デイジー・ベル” でした。映画“2001年宇宙の旅”の最後で コンピュータのハルが機能停止される時に歌った曲です。コンピュータから人間に変わる姿の象徴として使われました。私達はこの曲を再合成しました。このような曲です。デイジー・ベルの音素と 音符をすべて分解しました。

♫デイジー デイジー♫ 個々の要素をすべて取り出し “機械仕掛けのトルコ人”にリクエストを流し込みました。サイトに行くと画面が出てくるのでコードを入力します。その前にマイクのテストです。音声クリップが流れますので (音声) その音声を真似て 自分の声で歌います。視聴して確認できたら そのまま “機械仕掛けのトルコ人” に提出します。初期の提出物で完成させたのがこちらです。

“音をリピートしてください” ♫デイジー デイジー♫ ♫答えておくれ♫ ♫どうにかなりそうなほど♫ ♫君に夢中だ♫ ♫オシャレな結婚式も挙げられないし♫ ♫馬車も用意してあげられない♫ ♫でも素敵だろうね♫ ♫君が二人乗りの自転車に乗る姿は♫

ジェームズ・スロウィッキーは “集団の知恵は個人の知恵に勝る“と言いましたが 共同作業による分散型音楽制作で確認できました。参加者は一人として作業の目的は知りませんでしたBicycleBuiltforTwoThousand.com に行くと 一つに集約された作品を聞けます。失礼します。

(ノイズ)(コーラス音) ♫デイジー デイジー♫ ♫答えておくれ♫ ♫どうにかなりそうなほど♫ ♫君に夢中だ♫ ♫オシャレな結婚式も挙げられないし♫ ♫馬車も用意してあげられない♫ ♫でも素敵だろうね♫ ♫君が二人乗りの自転車に乗る姿は♫

8 エイント・ノー・グレイヴ

少し前ですが カリフォルニア大学ロサンゼルス校の大学院生だった頃 Center for Embedded Network Sensing という研究所で働いていました。3Dレーザースキャナー用の ソフトウェアを書いていました。ロスに住むディレクターのジェームス・フォレストが これを見て言いました。“撮影しなくてもミュージックビデオを作ることができるのか?” 私達は実践してみることにしました。好きなバンドであるレディオヘッドのミュージックビデオを制作です。このプロジェクトで一番気に入ったのはレーザーでビデオを制作するだけではなく それをオープン・ソース化したことです。グーグル・コード・プロジェクト上でリリースし 誰でも大量のデータとソースコードをダウンロードして 思い思いのビデオを作成できるようにしました。素晴らしい作品が生まれました。この2つがお気に入りです― バンドのフロントマンであるトム・ヨークのピンボード版とレゴ版です。ユーチューブには非常に興味深いコンテンツが公開されています。最近作られた 3D化されたトム・ヨークの頭部です。ちょっと気持ち悪いですがカッコいいですね。

多くの人が素晴らしい作品を作り 自分達の作業を理解して取り組んでいます。協力し合って何かを制作する共同プロジェクトに 私は強い興味を持っていました。ミュージックビデオ監督のクリス・ミルクと出会い 二人で話し合いながら ミュージックビデオの共同制作プロジェクトを開始しましたが 作品を作り上げるために結束できる 適任者を見つけることの重要性を認識していました。数か月間このアイデアは保留にされた後 リック・ルービンに至ったのです。リックはジョニー・キャッシュの最後のアルバム制作を終えたところでした。アルバム名は “エイント・ノー・グレイヴ アルバムの1曲目の歌詞は“俺を閉じ込めておける 墓なんて無い“ です。完璧だと思いました。このプロジェクトで追悼の意をこめて ジョニー・キャッシュをバーチャルの世界に蘇えさせるのです。

9 ジョニー・キャッシュの曲は彼の人生の集約

“謎のクリエイタ―” としても知られる 友人のリカルド・カペッロとチームを組みました。私よりも ずっと優秀なプログラマーで フラッシュ作成ツールを作ってくれました。ご存じのとおり アニメは画像の連続です。ジョニー・キャッシュの過去のフィルム映像をたくさん集め裁断しました。1秒を8コマに分けて 1コマずつ描画してもらったイラストを 織り込んで ダイナミックに変化するミュージックビデオを完成させました。全てをお見せする時間は無いので 2つのショートクリップをご紹介します。1つ目はミュージックビデオの最初のシーンで 2つ目のショートクリップには 既にプロジェクトに参加した人達の コメントが入っています。

(音楽)♫俺を閉じ込めておける♫ ♫墓なんて無い♫ ♫俺を閉じ込めておける♫ ♫墓なんて無い♫ ♫トランペットが聞こえれば♫ ♫俺は地上によみがえる♫ ♫俺を閉じ込めておける♫ ♫墓なんて無い♫

(拍手)歌手に敬意を表する際に その歌手の楽曲を使う以上に良い方法があるでしょうか?彼が亡くなった時 とても悲しかった 彼の思い出に貢献することは 素晴らしいことだと考えました。このプロジェクトは 彼の最後のレコーディングを 生きた思い出にしたのです。

ファンによって描かれた 全てのコマの1つ1つが 力強いパワー持っているんだ。多くの人が参加しました 日本 ベネズエラ アメリカ テネシー州のノッククスビルまで。 全てのコマにそれぞれ 個人的な思いが込められている 部屋でビデオを見ましたが 最初は理解できませんでした。あきらめずに小さな奮闘を繰り返して 絵に取り組みました。自分が何をしているのか やっと分かった時 すべてが解決して たくさんの光と闇が現れました。不思議なことに まさにそれが 私がジョニー・キャッシュの音楽に惹かれる理由です。彼の曲は 彼の人生の集約です。全ての出来事― 悪いことも 良いことも含めて 彼の曲は人生そのものなのです。

10 JohnnyCashProject.com

JohnnyCashProject.com このビデオを見ることができます。下にあるのが個別のコマで このプロジェクトにこれまで寄せられたものです。まだ完成途中のプロジェクトで 共同で貢献できる現在進行形のプロジェクトです。サムネイルからどれか1つ選んでカーソルを当てると コマの作者の名前と 所在地が表示されます。興味を持ったコマをクリックすると 情報パネルが開きます。コマに評価をつけて 人気を上げることもできます。コマが描かれた過程の閲覧できます。描画の過程と個人の貢献が見られるのです。さらに一覧から アーティストの名前や所在や 描画に費やした時間を表示できます。スタイルの選択も可能です。これは抽象的なバージョンです。様々なスタイルがあります。何通りもビデオを選択できます。点描画法のバージョンやスケッチ風や写実的なものも選択可能です。これは抽象的なバージョンですが 少し変わった感じの仕上がりですね。

11 インターフェースは物語を作る強力な助けになる

最後にご紹介するのは クリス・ミルクとの別の共同作業です。アーケイド・ファイアの The Wilderness Downtown という曲の オンライン版ミュージックビデオです。クリスと私は 最新のウェブ・ブラウザーの可能性に驚かされました。HTML5の音声や動画と JavaScriptの動作の速さには目を見張るばかりです。パソコンの画面を通じて ウェブ向けのミュージックビデオを送り出したいと考えました。スクリーンを通じてミュージックビデオを再生・演出できるのです。重要なのは ジョニー・キャッシュ・プロジェクトのような 少人数が皆のために長時間を費やすプロジェクトとは 違うものにしたかったのです。プロジェクト参加者の貢献が非常に小さい場合でも それぞれ個別で特別なものを提供したらどうなるでしょう?

このプロジェクトでは最初に住所を入力します。あなたが育った街です。住所を入力すると― あなた専用のミュージックビデオが作られます。グーグルマップからのストリートビューの画像で ミュージックビデオを作ります。どうぞご自宅で試してみてください。少しだけどんな感じかお見せします。

♫僕らの人生はどんどん変化してる♫ ♫僕らの人生はどんどん変化してる♫ ♫純粋さは どうかそのままに♫ ♫純粋さは どうかそのままに♫ ♫昔は待っていたのに♫ ♫昔は待っていたのに♫ ♫昔は待っていたのに♫ ♫待ちぼうけだったこともある♫♫待ちぼうけだったこともある♫ ♫でも痛みを乗り越えて進むんだ♫ ♫昔は待っていたのに♫ ♫昔は待っていたのに♫ ♫昔は待っていたのに♫

今日の話から分かることは インターフェースは物語を作る強力な助けになることです。個人的で社会的に関連性のあるデータをさらに多く収集して 模索しお互いに協力し合えば 人間性を込めた素晴らしいストーリーを 生みだすことができるのです。ありがとうございます(拍手)

最後に

データは人間をより人間らしく見せてくれる。空の上では様々な飛行機が飛んでいることがわかる「フライトパターン」。国際通信やショートメッセージの数を視覚化。子ども全員にノートPCを、2000人乗りの自転車、JohnnyCashProject.com…。インターフェースは物語を作る強力な助けになる

和訳してくださった Yuko Yamanouchi 氏、レビューしてくださった Takafusa Kitazume 氏に感謝する(2011年3月)。

統計データの視覚化 (Rで学ぶデータサイエンス 12)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>