going-home

エリザベス・ギルバート 成功と失敗と創り続ける力について

「成功は失敗と同じくらい人を惑わせます。しかし、結果にかかわらず進み続けるためのシンプルな方法があります」ギルバートは語りかける。ここでは、130万ビューを超える Elizabeth Gilbert のTED講演を訳し、成功と失敗と創造力について理解する。

要約

かつてはエリザベス・ギルバートもまた「作品を出版してもらえない食堂のウェイトレス」の1人で、掲載不可の手紙に落ち込む日々を送っていました。ところが『食べて、祈って、恋をして』が大成功を収めた時、成功に翻弄され道を見失っている自分の姿が昔の売れなかった頃の自分に重なって見えたのです。見事な洞察力を駆使して、彼女はなぜ成功が失敗と同じくらい人を惑わせるのかを考えます。そして結果に関わらず進み続けるためのシンプルだけど難しい方法を紹介します。

The author of ‘Eat, Pray, Love,’ Elizabeth Gilbert has thought long and hard about some big topics. Her fascinations: genius, creativity and how we get in our own way when it comes to both.

 

1 あんた『食べて、祈って、恋をして』の人じゃない?

何年か前に ケネディ国際空港で 搭乗を待っていると 女性が2人やって来ました 年配で小柄な 押しの強い イタリア系の女たち ― そう呼んでも気を悪くは しないと思います。背の高い方が といってもこれくらいですが ずかずか近づいて 話しかけてきました 「ちょっと聞くけど あんた近頃話題の ― 『食べて、祈って、恋をして』の 人じゃない?私は「ええ」と答えました。すると友人の肩を叩いて言うのです 「だから言ったじゃない この子だって あの映画を元に 本を書いたのは」 (笑)

 

2 成功に耐えられる創造力を維持するということ

確かに私です。でも自分がその本人で 本当によかったと思っています 『食べて、祈って、恋をして』は 大きな転機だったからです。ただ同時に 作家を続けていくには 難しい立場に立たされました。誰かに喜んでもらえる本を どうしたら再び書けるのか わからなかったのです。あの作品を気に入ってくれた人は 次回作がどんなものだろうと 絶対がっかりするでしょう。だって次の作品は 『食べて、祈って、恋をして』では ないからです。一方で あの作品が嫌いな人は 私が何を書こうと 絶対がっかりします。私がまだ生きていたと わかるから。どのみち うまくいく 見込みがないのです。もし見込みがないなら もうこんなことはやめて 田舎に引っ込んで コーギー犬でも育てようかと 本気で考えました。でも もし書くのをやめたら 愛する天職を失ってしまいます。だから自分がすべきだと思ったのは 何とかひらめきを取り戻し 避けがたい失敗を恐れず 次の本を書くことでした。つまり成功に耐えられる ― 創造力を維持するということです。最終的にひらめきを手に入れたのは 自分でも意外な 予期しないものから ― 若い頃に経験から学んだ 失敗しても創造力を 維持する方法からでした。

 

3 「私はやめない。自分の居場所に戻るんだ」

少しさかのぼって説明すると 生まれてこのかた 私が夢見てきたのは 作家になることだけでした。子どもの頃からずっと書き続け 10代になると ひどい作品を ニューヨーカー誌に送りつけては 見出されることを 夢見ていました。大学を卒業すると 食堂で ウェイトレスをしながら書き続け 必死に出版を目指しましたが 失敗ばかりでした。およそ6年もの間 ― 何も出版できませんでした。その6年間 毎日 郵便受けで私を待っていたのは 断りの手紙だけでした。手紙を受け取る度に絶望し 負け続けるのは終わりにして 書くのをあきらめ 苦痛から逃れるべきかと 悩みました。それでも私はいつも こう考えて決意を新たにしました。「私はやめない ― 自分の居場所に戻るんだ」

 

4 自分自身よりも書くことの方が大事だった

誤解しないで 家族が住む農場に 帰るわけではありません。私にとって「戻る」とは 作家の仕事に戻ることです。私の居場所は書くことだから 書いて失敗する辛さより 書くことへの愛情が勝っていました。結局 私には自尊心や もっと言えば 自分自身よりも 書くことの方が大事だったのです。こうやって乗り切ったのです。ところが不思議なことに20年経って 『食べて、祈って、恋をして』の 騒動の渦中にいる自分と 本も出せない ― ウェイトレス時代の自分が 重なったのです。その頃の自分が いつも頭にあり 当時に戻ったようでした。合理的な説明などできません。人生は一変していましたから 昔の私は失敗ばかり。今は想像を絶する 成功を収めていて 共通点は一つもない。なぜ急に昔の自分に戻った 気がしたのでしょう?

 

5 大きな失敗と大きな成功との間には心理的なつながりがある

その謎を解こうとしてようやく 理解し始めたのです。大きな失敗と大きな成功との間には 不可思議で想像を超えた ― 心理的なつながりがあるのだと。考えてみてください。皆さんは人生の大部分を 平凡で平穏な いつも変わらない ― 経験の連鎖の中を生きています。でも失敗すると 突如 先の見えない 絶望の淵へと投げ出されます。一方 成功した場合にも 同じくらい遠くへ 投げ出され 名声と評価と賞賛で 周りが見えなくなります。一般的には 2つのうち片方は悪いこと もう片方は良いこととされています。ところが潜在意識のレベルでは 2つはまったく 見分けがつかないのです。唯一 感じとれるのは 感情という方程式の絶対値 すなわち 本来の自分から どれほど遠く 隔たっているか ということだけです。どちらの場合にも 心の深みの中で 道を見失う危険が伴います。

 

6 あなたの居場所とは自分よりも大事なもの

ただ どちらの場合でも 同じ方法で 自分を 取り戻せることに気付きました。その方法とは できるだけ 早く スムーズに 自分の居場所に戻ることです。自分の居場所が わからなくても 手がかりがあります。あなたの居場所とは 自分よりも大事なものです。それは何かを作ることかも知れないし 家族や発明や冒険や ― 信仰や奉仕や コーギー犬を育てることかも知れません。とにかく あなたの居場所とは 情熱をもって 全精力を注ぐことができ 結果など もはや重要ではない というようなものです。

 

7 私に必要なのは、また書き始めることだった

私の居場所はいつも 書くことでした。『食べて、祈って、恋をして』で 目が眩むような 成功を収めてわかりました。私に必要なのは めまいがする程の失敗をした時に 必要だったのと同じもの また書き始める ということだったのです。そうやって 2010年に 恐れていた『食べて、祈って、 恋をして』の 続編を出せました。その本がどうなったか? 失敗でしたが 気になりませんでした。もう何にでも耐えられそうでした。呪縛から解き放たれ 書くことが好きだから書くという 自分の居場所に戻れたからです。その後も作家として その場所に留まり 2013年には新しい本が出て 好意的に受け入れられましたが それは重要ではありません。重要なのは 今も新作を書き その後も次々と 書いていくことなのです。失敗作も多いでしょう。何冊かは成功するかも知れません。でも自分が生きるべき場所さえ 忘れない限り 目まぐるしく変わる結果に 左右されることはないでしょう。

 

8 居場所を取り戻すために戦え

生きるべき場所は 人それぞれですが 誰でも この世のどこかに 自分より大切なものがあるはずです。耽溺や幻想ではない 価値のある何かです。何かに溺れてしまっては 安心して過ごせませんから。秘訣は自分が一番気に入っている ― 価値のあるものを見つけ出し そこに自分の場所を作って 決して動かないことです。もしある日突然 失敗や成功が原因で そこから閉め出されてしまったら 居場所を取り戻すために戦うのです。それが唯一の方法です。死に物狂いで 努力を惜しまず熱心に 深い敬意をもって 取り組んだなら それが何であれ 愛情が呼び覚まされます。ただひたすらやり続けること 繰り返し 繰り返し・・・ 私の長年の経験から 断言しますが そうすればきっと 問題は解決するはずです。ありがとう (拍手)

 

最後に

大きな失敗と大きな成功との間には心理的なつながりがある。あなたの居場所とは自分よりも大事なもの。自分自身よりも書くことの方が大事だったことに気づいた。私に必要なのは、また書き始めることだった。私はやめない。自分の居場所に戻るんだ

和訳してくださった Kazunori Akashi 氏、レビューしてくださった Yasushi Aoki 氏に感謝する(2014年3月)。

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>