healthy-living

A.J.ジェイコブス いかにして健康的な生活に殺されそうになったか

「健康のために1年間ショットグラス1杯分の日焼け止めを塗ったり、買い物中にヘルメットをかぶったりしてきました」ジェイコブスは語りかける。ここでは、90万ビューを超える AJ Jacobs のTED講演を訳し、健康的な生活に殺されそうになった経験を紹介する。

要約

A.J.ジェイコブスは丸1年間、ショットグラス1杯分の日焼け止めを塗ることからショッピング中にヘルメットをかぶることまで、ありとあらゆる健康に関するアドバイスを実践しました。 TEDMEDのステージで、彼が学んだ驚くべき事柄を教えてくれています。

Immersing himself in alternate lifestyles and long, hilarious experiments (usually with himself the guinea pig), writer AJ Jacobs tests the limits of behavior, customs, culture, knowledge — and his wife’s sense of humor.

 

1 自己改革1:知性の向上

私はこの10年間というもの 自己改革という大義名分のもと 自分自身に 苦痛と屈辱を与え続けてきました。これを三つの分野で行いました。最初に知性の向上から始めました。ブリタニカ百科事典のAからZまでの すべてを読破することで 賢くなろうと決意しました。”a-ak”から”Zywiec”まですべてです。これがそのときの写真です。この年はすばらしい年でした。本当に興味深い期間でした。その当時は苦痛でしたけど 特に私の周囲の人々にとっては 妻は1ドルの罰金を取り始めました。私が会話に関係のない事実をさしはさむごとにです。そう 悪い点はありましたね。

 

2 自己改革2:精神の向上

その次に私は 精神の向上に取り組みました。昨年言及しましたが 私は宗教とは無縁で育ちました。私はユダヤ教徒ですが それは 「オリーブ・ガーデン」はイタリア料理店だというようなものです (笑) 本物ではありません。しかし私は聖書と自分の伝統を学ぼうと決心し 実際に その中に飛び込み 宗教にどっぷりとつかろうとしました。そこで聖書に書かれているすべてのルールに従おうとしました。十戒に従い ひげを伸ばし始めました。レビ記に剃ってはならないとあるからです。最終的にこんな感じになりました。笑ってくれてありがとう (笑) ちょっとモーゼか、あるいは爆弾テロ犯の テッドカジンスキーにも似てますね。そしてこれが その時の写真です。羊もいますね。

 

3 自己改革3:身体の向上

さて 三分野の最後の挑戦として 身体の向上に取り組みました。この世で最も 健康的な人物になろうとしました。これをここ2年ほど続けていて 数ヶ月前に終わらせたのです。やれやれ というところです。なぜなら健康的すぎる生活に殺されそうだったからです (笑) 本当に圧倒されてしまいました。しなければならない事の多さに 気が遠くなりそうでしたから。私はすべての専門家の意見を聞き 医療関係の人たちとも話をしました。彼らは私に私がするべきすべてのことを 教えてくれました。正しい食事を取りなさい。運動し 瞑想し 犬をなでなさい。それは血圧を下げる効果があるから。私はルームランナーに乗りながら執筆し 本を書き終えるまでに 約千マイル走りました。日焼け止めを塗る必要がありました。これは大変でした。なぜなら皮膚科医によれば ショットグラス1杯分の日焼け止めを塗り それを2時間おきに繰り返さないといけないからです。おかげで本の前払い金の半分を 日焼け止めにつぎこむはめになりました。まるで砂糖がけのドーナッツみたいになって 1年のほとんどをすごしました。手洗いも実行しました。徹底的にやる必要がありました。免疫学者によれば リモコンやiPhoneなども 細菌がたっぷりついているので 拭き取らなければならないとのことでした。これにはすごい時間がかかりました。

 

4 健康すぎるということは不健康

また 私は安全にもできるだけ気をつけました。それも健康の一部だからです。デンマークの安全委員会に 啓蒙されました。彼らは「歩行ヘルメットを被ろう」という 公共キャンペーンをしていました。それによると ヘルメットは2輪車に乗るときだけでなく 道を歩くときも被るべきだというのです。こちらのポスターでは 買い物中に ヘルメットを着用しています (笑) ええ これも試しました ちょっと行きすぎですよね。でも考えてみてください 「ヤバい経済学」の著者によれば 1マイルあたりの死亡率は 実際には 飲酒運転より 飲酒歩行のほうが高いのです。今晩何杯か飲んだら このことを考えてみてください。

そして私はこれらをやり遂げました。ある意味でこれは成功でした 検査値はすべて改善に向かっていました。コレステロール値は下がり 体重は減り 妻は私が妊娠してるみたいだと言わなくなりました。だからよかったです。ほとんど成功と言ってよいでしょう。しかし 健康すぎるということは 不健康だということを知りました。これらすべてを実行することに集中するあまり 友人や家族と疎遠になっていたのです。ダン・ビュイトナーも言うように 人々と強いつながりをもつことは 私達の健康にはとても重要です。

 

5 だから健康法はやめにした

だから健康法はやめにしました。このプロジェクトを終えてからの一週間 私は 反動でやりたい放題をしました。ダークサイドに落ちて 放蕩にふけりました。映画カリギュラさながらでした (笑) セックス抜きでですけど。私には子どもが3人いますから。そういうことはしませんでした。でも暴飲暴食はもちろんやりました。そしてようやく落ち着きを取り戻しました。さて 私はもとの生活に戻りました。ヘルメットはもはや被りませんが 実践した健康法を 数多く取り入れました。これは確かに人生を変えるプロジェクトでした。もちろんすべてをお話する時間がないので 二つのことを短くお伝えしたいと思います。

 

6 大きな騒音は心臓血管に損傷を与える

一つ目は 自分でも驚いたことに こういう結果になるとは思いませんでしたが 今私は昔よりも静かな生活を送っています。私達は非常に騒音にまみれた世界に生きています。電車や 飛行機 車 それに(FOXニュースの)ビル・オライリー そう 彼は確かにうるさいですね (笑) そしてこれは健康被害として本当に過小評価されています。聴覚を損なうのは言うまでもなく 実際に 攻撃・逃避反応を 引き起こすのです。大きな騒音により 攻撃・逃避反応が 何年間も続くことにより本当の健康被害が起きます。心臓血管に損傷を与えるのです。世界保健機関は騒音公害について大規模な研究を行い その結果が今年出版されました。この研究はヨーロッパで行われました WHOは 騒音公害によって ヨーロッパで毎年160万人の 健康が損なわれていると 推定しています。実際にきわめて有害であると考えられているわけです。

 

7 騒音は認知機能を損なう

そしてまた 騒音はあなたの脳にも非常に悪い影響を与えます。認知機能を損なうのです。アメリカ建国の父はこのことを知っていました。憲法の草稿を作る際 議会の外側の石畳に土を敷き詰めることで 集中できるようにしたのです。だから 騒音を低減させる技術がなければ 私達の国は存在しえなかったのです。愛国者の一人として これは重要なことだと思いました。あらゆる耳栓やイヤフォンを装着した結果 実際に思いもしなかった方法で 生活の質が向上したのです。

 

8 喜びが健康に大変重要

二つ目には 実際これが最後ですが これはTEDMEDのテーマでもあります。喜びが健康に大変重要だということです。いろんな健康法のうち そこに何かしらの楽しみや喜びがない方法は ほとんど長続きしませんでした。ひとつだけ例をお教えしましょう。食物です。ジャンクフード業界は 私達の快楽のツボを押すことと 満足させる方法を見つけることに 非常に長けています。しかし 私達はこの技術を 健康的な食品にも適用することができるのです。ひとつだけ例を挙げると 私達はパリポリする食感が大好きです。そのため私は この食感を いろんなレシピに取り入れています。ひまわりの種をいれるのです。これで 自分はドリトスを食べてるんだぞと 自分をほとんどだますことが可能です (笑) このおかげでより健康的になれました。以上です。4月にこのことについて本が出ます。”死ぬほど健康”という題名です。ブックツアーの間病気にならないといいなと思ってます。それが今一番の願いです。ありがとうございました(拍手)

 

最後に

自己改革として知性・精神・身体の向上に取り組んだ。すべてを実行することに集中するあまり、友人や家族と疎遠になっていた。騒音は心臓血管や認知機能に損傷を与える。健康すぎるということは不健康。喜びが健康に大変重要

和訳してくださったHIROKO ITO 氏、レビューしてくださった Machiko Garcia 氏に感謝する(2011年10月)。

健康男 体にいいこと、全部試しました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>