sandstone-wall

マグナス・ラーソン 砂丘を建築に変える

「過酷なサハラ砂漠を変えられる素材は、細菌と砂そのものです」ラーソンは語りかける。ここでは、50万ビューを超える Magnus Larsson のTED講演を訳し、砂漠化を止める砂丘を建築に変える技術について理解する。

要約

建築学科の学生マグナス・ラーソンが、過酷なサハラ砂漠を変える大胆なプランを解説します。そのための素材は、1つは細菌、そして驚くべきもう1つは、砂そのものです。

Magnus Larsson hopes to build new structures in the desert — by using bacteria to turn shifting sand into a solid mass.

 

1 細菌と固めた砂による砂の壁が私の回答

目に見えないもののためにある こういうカンファレンスに私が来て アフリカ大陸を横断する 全長6000キロの壁を作る提案をするのは ちょっとおかしいですね。中国の万里の長城くらいあるので この壁が目に見えないわけはないと思うでしょう。でもこの壁は、肉眼ではまずほとんど見えない材質で作られます。つまり細菌と砂粒です。建築家は問題を解決するよう訓練されます。でも私は「建築学的問題」というのをあまり信用していません。機会だけを信じています。だから私はこうして脅威を提示し 建築からの対応をお見せするのです。脅威とは「砂漠化」です。砂漠を横断する、細菌と固めた砂による 砂の壁が 私の回答です。

 

2 砂とは自己矛盾を抱えた魔法の素材

さて、砂というのは、すばらしい 自己矛盾を抱えた魔法の素材です。単純であり、複雑です。穏やかなのに暴力的 常に同じなのに、同じでない 終りなく魅惑的です。10億個の砂粒が 毎秒、全世界で生まれています。循環的なプロセスです。岩や山が壊れ、 砂粒が生まれる。その砂のいくらかは、自然に砂岩として固まります。そして砂岩が風化すると新しく砂粒が生まれます。その砂粒のいくらかは 大規模に集積し 砂丘になります。

 

3 地球の陸地の3分の1以上は乾燥地帯

言い換えれば、固く動かない石の山が 動く砂山になるのです。しかし動く砂山は危険でもありえます。なぜなのか説明しましょう。地球の陸地の3分の1以上は乾燥地帯です。そのうちいくらかはもう砂漠です; それ以外の場所は砂によって深刻に崩壊しています。サハラのすぐ南にサヘルがあります 「砂漠のヘリ」という意味です。ここが砂漠化と最も密接に関係している場所です。60年代から70年代、この場所の 大規模な干ばつで、300万人が 緊急食料援助に依存するようになり 25万人が死亡しています。

 

4 砂漠化は約110の諸国、世界の農業用乾燥地の70%に影響する

この大災害がまた起きようとしています。にもかかわらずほとんど注目されていません。加速されたメディアの中にあっては 砂漠化は、あまりも足が遅くて 記事にならないのです。津波やカトリーナの様な形でなく 泣き叫ぶ子どもや、つぶされた家も殆どないからです。にもかかわらず、砂漠化は 全ての大陸で大問題で 約110の諸国、 世界の農業用乾燥地の70%に影響します。何百万もの人々、 特にアフリカと中国の人々の生活に 深刻な影響を与えます。その多くは、我々自身による希少な資源の 持続不可能な利用により生み出された問題です。それで気候変動が起きているのです。干ばつや 砂漠化の進行や 食料供給の崩壊、水不足、 飢饉、強制移住、 政治不安、戦争、恐慌などです。ことを真剣に受け止めなければ 起こり得るシナリオです。しかしどれくらい遠い出来事なのか?

 

5 砂漠化がもたらし得る強制移住

私はナイジェリア北部のソコトへ行き どれくらい遠い事なのか見に行きました。この砂丘は南に向けて毎年600メートル移動しています。つまりサハラは毎日ほぼ1メートルの農耕地を侵食しており 人々を故郷から追い立てています。私がいます―左から二番目― (笑) ソコト郊外の小さな村 ギダンカーラの長老たちと一緒です。1987年、巨大な砂丘に飲み込まれそうになり 彼らはここから移動しなくてはなりませんでした。そこで家一つづつ、村全体が移動したのです。ここがかつて村があった場所です。砂丘の頂上まで登るのに10分かかりました。なぜ彼らがより安全な場所に移動しなければならなかったのか分かります。これが、砂漠化がもたらし得る 強制移住なのです。もし砂漠の境界部分に住んでいたら 子どもをかかえ、家を捨て、 それまでの人生を捨てて去るまで どれくらい短いかが実感できるでしょう。

 

6 アフリカ大陸を横断して防風林を作るプロジェクト

砂丘は、砂漠のわずか5分の1を覆っているにすぎません。にもかかわらず、この極限環境は、私たちが 砂漠の移動を止めるのに格好の場所なのです。4年前、アフリカの23の諸国が Great Green Wall Saharaを作るために集まりました。すばらしいプロジェクトで、当初の計画では アフリカ大陸を横断して 防風林を作る予定でした。西はモーリタニアから、東のジブチまで横切ってです。もし砂丘の移動を止めたいなら 崖を超えて砂がなだれ落ちるのを 確実に止めなくてはなりません。そのために最も効率的な方法は トラップの様な物を使う事です。木やサボテンはうってつけです。しかしこの地方で問題だったのは 住民があまりに貧しく 木を切り倒して薪にしてしまう事です。

 

7 砂岩の壁が行う3つのこと

そこで、切り倒される事のなさそうな 植林の代替え品があるのです。私が提案している砂岩の壁は3つのことをします。(1)砂粒同士を結合することで 砂丘の表面、砂丘の構造を荒くします (2)これは木を支える物理的な支持物になり (3)砂漠の砂の中に、居住可能な 物理的空間を作り出します。人がこのグリーンバリアの中に住めば 木を育てることができ、伐採者から保護することができ、 自然の威力からも守ることができます。砂漠の中に陰ができます。凝結水を集めて 砂漠を内部から緑化できます。

 

8 砂粒をくっつけ合わせる細菌「Bacillus pasteurii」

砂丘はある意味では、出来合いの建物の様なものです。必要な部分を固形化させ それから砂を掘ることで 建物が手に入ります。手で掘っても良いし 風に掘ってもらっても良いのです。風は、問題の場所に砂を運んで来ますが その後は私たちのために建物から砂を運び去ってくれるわけです。でもどうやって砂を固形化するか 質問したいんじゃありませんか? どうやって砂粒をくっつけ合わせるのか? 答えはこういうモノを使うのです。Bacillus pasteuriiという名前の 湿地や泥地によく見かける細菌で まさにこの仕事をしてくれます。流動性の砂の山から 砂岩を作ります。アメリカ細菌学会のこの写真で、どういう過程が起こるかがわかります。

 

9 細菌入りの砂1立方メートルで11ドルかかる

Bacillus pasteuriiを砂山にそそぐと それが砂粒の間の隙間を埋め始めます。化学反応でカルサイトができ それは自然のセメントの様な物で 砂粒をつなぎ合わせます。全体の固化には約24時間かかります。私はこれについてUCデービスのジェイソンデジョン教授から学びました。彼はこれをたった1400分でやってみせました。これはマッドサイエンティストをしている私で ロンドンのUCLで、細菌を相手に 固化を試しているところです。かかるコストは? 私は経済学者などではないのですが それでも、文字通り封筒の裏で計算してみたところ― (笑) ―1立方メートルのコンクリートは 90ドルほどかかるようです。そして、最初に細菌を買うのに60ドル払えば それ以上金はかからず 細菌入りの砂1立方メートルで 11ドルになります。

 

10 砂丘の内部に居住可能な空間が作れる砂を砂岩にする方法

どうやってこれを作るのか? 2つの方法を簡単にご覧に入れます。最初の方法はまず風船状の構造を作り そこに細菌を入れ、砂が風船を洗うようにします。風船が破裂し、細菌が砂と混じり、固化させます。数年後に 完全自給農法で その砂漠を緑化させます。第二の方法は注入用パイル(杭)を打ち込む方法です。砂丘にパイルを押し込み 最初の細菌表面を作ります。それからパイルを砂丘から引き抜くと 砂が型となって、砂の中におよそどんな形でも 作り出すことができます。つまり、砂を砂岩にする方法があるわけで それを使って砂丘の内部に居住可能な空間が作れます

 

11 境界のない美が生まれる

でもそれはどんなものなのか? 私の場合、建築様式は「タフォニ」に触発されていて、 大体はこの模型の様なものです。ソコト地域のスポンジ様の構造の岩で それをスケールアップすれば 空調や温度調整などに 適した空間特性ができることがわかりました。この構造の形態的な制御の一部は 細菌の作業過程によって、自然に ゆだねられるでしょう。それによって、境界のない美が生まれると思います。きっとすばらしい結合形態に なると思います。Bacillus pasteuriiを使い 砂漠を居住可能な環境に 作り変えた跡、あるいは過程が見えるでしょう。

 

12 砂でできた砂防止装置

これが制御不能に広がり その過程で細菌が全てを 破壊するかもしれないと思う人もいます。それは全く間違っています。これは自然のプロセスです。自然界で日常的に起きています。それに細菌は栄養供給を止めるとすぐに死滅します。ということで、これが 砂そのものを使った、建築学的な 砂漠化防止構造です。砂でできた砂防止装置。今世紀末までに、世界の耕作用地の3分の1が失われると 推測されています。過去に例のない人口爆発と 食料需要の時期に、それは破滅的かもしれません。率直に言って、私たちは現実を直視していないのです。

 

13 人々と国を1つにつなぎ止めるもの

少なくとも、この計画が論議を呼んでほしいと思います。しかし、もし私にTEDwishのようなものがあるとしたら これを実際に作り、 この居住可能な壁を作り、 このとても長く、しかし細い街を砂漠に作り、 砂漠の風景そのものにしたいのです。それは木を支えるだけでなく 人々と国を一つにつなぎ止めるものです。最後にこの構造のアニメーションをご覧に入れ、 ホルヘ・ルイス・ボルヘスの言葉を引用します。ボルヘスは言いました:「石の上には何も建てられず、 全ては砂の上に建てられる。しかし砂が石であるかのように建てなくてはならない」この計画を追求するには、やるべき事が沢山残っています。政治、実務、倫理、財政などなど あなたをウサギの住処に連れ込むこの私の計画は 現実には多くの課題や 困難を抱えています。しかし、これは始まりであり、ビジョンなのです。ボルヘスの言う通り、これは砂です。そして、今まさしく、 それを石にすべき時なのです。ありがとう (拍手)

最後に

細菌と固めた砂による砂の壁。砂とは自己矛盾を抱えた魔法の素材。地球の陸地の3分の1以上は乾燥地帯。砂漠化は約110の諸国、世界の農業用乾燥地の70%に影響する。砂粒をくっつけ合わせる細菌「Bacillus pasteurii」。砂でできた砂防止装置が人々と国を1つにつなぎ止める

和訳してくださった Masahiro Kyushima 氏、レビューしてくださった Akira KAKINOHANA 氏に感謝する(2009年7月)。

世界の砂図鑑: 写真でわかる特徴と分類


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>