sioux

アーロン・ヒューイ 米国先住民の捕虜収容所

「米国先住民のラコタ族(スー族)との紛争について知っていますか?」ヒューイは語りかける。ここでは、100万ビューを超える Aaron Huey のTED講演を訳し、米国先住民スー族の捕虜収容所の写真を紹介する。

要約

アメリカで貧困の写真を撮るためのアーロン・ヒューイの努力は彼をパイン・リッジ・インディアン保護地に導いた。そこは脅かされ無視され、そして彼にもう一度深く考えざるおえなかった先住人のラコタ族の紛争地である。5年間の活動を終え、彼の感動的な写真は衝撃的な歴史と絡み合い、TED×DUからの勇気のある発表である。

Photographer, adventurer and storyteller Aaron Huey captures all of his subjects — from war victims to rock climbers to Sufi dervishes — with elegance and fearless sensitivity.

 

1 ラコタ族が現在住んでいるパイン・リッジ保留地

ラコタ族の写真をお見せいたします。多くの人ははラコタ族の事を聞いたことがあるでしょう。少なくとも大きな部族のことは聞いたことがあるはずです。彼らはスー族と呼ばれています。ラコタ族は捕虜として故郷から移住させられた 多くの部族の一つです。今はインディアン保護地と呼ばれています。パイン・リッジ保留地 これが、本日の主題です。南東部地方から約75マイル離れた サウスダコタのブラック・ヒルにあります。時には 捕虜収容第334分所と呼ばれます。そして、ここはラコタ族が現在住んでいるところであります。もし、どなたかがAIMを聞いたことがあるのなら それはアメリカ先住民運動のことであり、 またはRussell Meansを またはLeonard Peltierを またOglalaでの戦いを 聞いたことがあるのならパイン・リッジがアメリカの古くからの問題の 中心地だとわかると思います。

 

2 ラコタ族と私の関係

私は今日少しだけ話してほしいと頼まれたことがあります。ラコタ族と私の関係についてです。それは私にはとても難しいことです。なぜなら、皆様が私の皮膚の色に関心がないからです。私は白人です。これは原住民に対する膨大なバリアです。今日皆さんは、私の写真でたくさんの人をみるでしょう。彼らとはすごく仲良くなって、まるで自分の家族のように歓迎してくれました。彼らは私を兄弟、叔父さんと呼んでいます。そして5年以上も経っているのに私をまた招待してくれました。しかし、パイン・リッジでは 私はいつも「washichu」と呼ばれます 「washichu」はラコタ族の言葉で 「インディアンではない人」という意味です。しかし他の意味でも使われています。自分たちの「もっともよい肉を持っていく人」という意味です。それではもっとも良い肉を持っている人に 焦点を合わせてみましょう。それは貪欲を意味します。客席の周囲を見てみましょう。我々は西アメリカにある私立学校にいます。レットベルベットの椅子に座り ポケットにはお金もあります。我々の生活を見てみると 我々は本当に 裕福ですよね。それでは、亡くなった人の 写真を見ましょう。我々は彼らの顔を見る時 得たり知ったりすることができます。これらはラコタ族の画像だけではないのです。原住民すべてを象徴しています。

 

3 破られた条約と戦闘という名の虐殺のタイムライン

この紙で ラコタ族の友達と家族から 私は歴史を学びました。次は 約束され、破られた条約と戦闘という名の虐殺の タイムラインです。1824年から始めましょう。インディアン省は 陸軍省の中に作られ それは先住民との関係が 悪化した要因のひとつです。1851年 フォート・ララミによって作られた初めての条約は ラコタ族の境界線を明確に作りました。この条約によると この地域は独立国家であります。もしこの条約の境界線が守られたら そして法的根拠があったのなら 今のアメリカはこのようになったでしょう。10年後 リンカーン大統領によって署名されたホームステッド法で 白人をインディアンの領土に解き放ちました。1863年 ミネソタのサンティー スー族の蜂起は 38人のスー族の人が絞首刑される結末となりました。アメリカ歴史にもっとも多い処刑です。その処刑はリンカーン大統領によって行われました。そのたった二日後に リンカーン大統領は奴隷解放宣言に署名したのです。

 

4 ラコタ族はアメリカ軍を敗北させた

1866年、大陸横断鉄道開通 新しい時代の幕開け 我々はラコタ族の中心土地に 鉄道をひきました。その条約は施行されました。ラコタ族長レッド・クラウドにより三つの部族は アメリカ軍隊と何回も戦い、彼らを敗北させたのです。私はもう一度このことを強く言っておきたいのです。ラコタ族はアメリカ軍を敗北させました。1868年:第2フォート・ララミ条約 偉大なスー国の自治権を明確に保証し ラコタ族の聖なるブラック・ヒルの所有権を保証しました。政府はまたその周囲の土地及び狩猟の権利も 約束しました。我々はパウダー川が 白人に開放されないことを約束します。条約よってレッド・クラウドとスー族は 完璧な勝利を得たと思われました。しかし実際はアメリカ史上唯一 和平交渉が政府によって行われたものでした。それも相手の要求を全部のむことによっておこなわれたのです。

 

5 「売るか、餓死するか」

1869年に 大陸横断鉄道が完成しました。物資などの運搬が始まり 沢山のバッファローの狩りをするハンターの移動が スー族の衣食の源を奪いました。1871年には インディアン専用法律の下で すべてのインディアンが政府管轄下に置かれました。さらに、軍は ウェスタンインディアンをインディアン保護地から追い出す命令を出しました。それによりすべてのウェスタンインディアンは 捕虜になりました。また、1871年には アメリカが条約を破棄しました。条約の問題は部族を主権国家として存在させるということでしたが、 我々はそれを守りませんでした。アメリカには計画がありました。

1874年に ジョージ・カスター将軍がラコタ族の地域、特にブラック・ヒルで金が発見されたと 発表しました。そのニュースによって多くの白人が ラコタ族の地に移住しました。カスター将軍は出来るだけ早く国会が ラコタ族との条約を破棄する方法を探すように 要求しました。1875年にラコタ戦争はフォート・ララミ条約を違反したことにより 始まりました。1876年の 6月26日 ラコタ族の村に カスター将軍の第七騎兵隊が突入し リトル・ビッグホーン戦闘が起こりました。1877年に 偉大なラコタ族の戦士で族長のクレージー・ホースが フォート・ロビンソンで捕まりました。彼は拘留中に殺されました。1877年はアメリカがフォート・ララミ条約から逃れる 手段を見つけた年です。スー族の族長と彼らの代表に新しい協定を 「売るか、餓死するか」として知られるキャンペーンの下に提示しました。協定へのサインか部族の餓死か たった10パーセントの成人男性だけが同意しました。フォート・ララミ条約によって 少なくとも部族の4分の3は 署名し故郷から追い出されました。そしてこの条約は明らかに無視されました。

 

6 1890年のウンデッドニー大虐殺

1887年にドーズ法令で インディアン保護地の共有権は効力を失いました。インディアン保護地の面積は160エーカーに縮小され 残された個々のインディアン人に 分配されました。そして部族たちは膨大な領土を失いました。個人の土地を所有するアメリカンドリームは 非常に賢明な道であると判明されました。インディアン保護地を分割するための 各世代の時間が流れる内に それはさらに再分割されたり、売られたりして その決心は保護地を破壊しました。残った多くの土地と 狭い土地によってインディアン保護地が設定され 今も白人の牧場経営者の管轄にあります。もう一度、豊かな土地をwasichuに戻すべきです。

私が このスライドショーの中でもっとも重要だと思う1890年のある日 ウンデッドニー大虐殺が起こりました。12月29日 アメリカ軍隊はウンデッドニー川にあるスー族のキャンプを包囲し ホッチキス機関銃と呼ばれる 新しい速射砲を使い ビッグ・フット族長を殺し 300人の捕虜とし 住居地を爆破しました。この戦いによって 20 個の栄誉章が 第七騎兵隊に送られました。この日まで この栄誉章は単一の戦闘で送られた 一番多い栄誉章とされました。第一次世界大戦におけるどんな戦いより より多くの栄誉章が 女性と子どもを殺害した人に送られました。第二次世界大戦 韓国、ベトナム イラク、アフガニスタン ウンデッドニーでの虐殺で インディアン戦争は終わったと思われました。私がウンデッドニーでの 集団墓地を訪問したとき すべてのラコタ族とスー族の 原住民のための 単なるお墓ではないことが分かりました。

 

7 約800万人だったインディアンの人口は25万人以下になった

聖人のブラック・エルクは 「私はそれがどのくらいで 終わったのか分かりませんでした。老後の高い山から 振り返ってみると 私は虐殺された女性と子どもが 曲がりくねった渓谷のあちこちに 投げ出されていた事が 今でも鮮明に 思い出されます。そして、血だらけの泥で死んでいる人も見られましたし 吹雪に埋まって死んだ人も見られました。彼らの夢がなくなりました。それは美しい夢でした」

この事件で インディアンの新しい歴史が始まりました。ウンデットニー事件が理解できれば その全てが分かります。なぜなら、アメリカ政府が 公にインディアンの権利に対する見解を宣言したのは まさにホチキス銃の引き金を引く瞬間だったからです。彼らは条約がもう嫌でした。彼らは聖なる丘がもう嫌でした。彼らはゴースト・ダンスがもう嫌でした。そして、彼らはスー族の全てが嫌でした だから、彼らは銃を持ちました 「インディアンになりたいだろう?」と言って、 引き金に手を掛けました。1900年 1492年の約800万人だった- アメリカンインディアンの人口は 25万人以下に なりました

 

8 「ブラック・ヒルは売り物ではない」

次に 1980年 アメリカ歴史上、もっとも長い スー族とアメリカ政府の裁判は、 米国最高裁判に委ねられました。法廷は、スー族が強制的に移住させられ 第2フォート・ララミ条約を守らず インディアンの土地の700万エーカーを 試掘者と入植者に 開放させられたと判決を下しました。法廷では ブラック・ヒルは不法に占領されたので スー族に土地の価格と利息を 支払うように述べました。スー族へ支払われた ブラック・ヒルに対する賠償額は たったの1億600万ドルです スー族は賠償金の受け取りを拒否しました 「ブラック・ヒルは売り物ではない」と。

2010年 ウンデットニーの大虐殺から1世紀が過ぎた今日の インディアンの人口は増え 植民地化の結果や、 強制移住、 条約違反も明確にされました。パイン・リッジ保留地での失業率は およそ85~90%です。新しい住宅を建てることができないのはもちろん 既存の住宅も一部崩壊しています。多くのホームレスは 5人以上の家族と一緒に 腐敗した建物の中で暮らしています。パイン・リッジにある家の39%は 電気が入りません。少なくとも保護地域にある60%の家は 黒いカビだらけです。人口の90%以上が 最低生活水準の以下の暮らしをしています。パイン・リッジでの結核感染率は アメリカ全国平均の8倍以上です。幼児死亡率は アメリカ大陸でもっとも高く アメリカ全国平均より3倍にも達します。子宮ガンはアメリカ全国平均より 5倍以上高いです。学校の中退率は70%以上です。教師の離職率は アメリカ全国平均より8倍も高いです。親がアルコール中毒、家庭内暴力、育児放棄 などの理由から、 ほとんどの家庭では祖父母が子どもを育てます。人口の50%以上が40代で 糖尿病で苦しんでいます。男性の 平均寿命は 46~48歳で 大体アフガニスタン、ソマリアと 同じです。

 

9 「明白な天命」の遺産

虐殺を成功させたどの暴君も 最後には その手を止めて、言います 「神様、彼らが彼らのために何が出来ますか? お互いを殺しています。彼らが死ぬのを見ながら、 彼らは自殺しています」 これは我らがどうやってアメリカを得たかを示します。「明白な天命」の 遺産です。監視がいなくなった後の 今もなお 捕虜は収容所で生まれ続けています。よい肉はすべて持ち去られ 骨だけ残ります。昔 washichuという私みたいな人々によって 土地と水と 金が奪われる 一連の出来事が始められました。それらの出来事はドミノ効果を生み出し 今も続いています。

優勢の私たちの社会では、1890年の虐殺を 感じられないかもしれないし 150年前の条約を破棄するかもしれません。私は皆様にお聞きしたいです。今日の統計を皆様はどう感じましたか? このような苦労と 私が説明した歴史は どのように繋がっているのでしょうか? このような歴史を どれだけ知りたいと思いますか。こういったものは今日においてあなたの責任なのですか? 私は我々が出来ることが必ずあると言いました。”行動”を呼び出す何かがあると思います。目撃者でありながら 写真作家でありながら 関与せずに長い間生きてきました。なぜなら過去これまでの解決策は、 出来ることがタイムマシンしかないと 思ったからです。

 

10 条約を守り、ブラック・ヒルを返そう

元々そこに住んでいた人々にとっての苦しみは 簡単に直せるものではありません。皆さんが ハイチを影から援助すること AIDSを終わらせること、飢饉に立ち向かうことのように支援できることではありません。いわゆる解決策というのは 優位社会ではもっと難しいかもしれません。50ドル もしくは献金 ボロボロになった家を塗りなおしてあげること もしくは郊外にある家 彼らにいらなくなった服を寄付するでしょう。じゃあどうしましょうか? 闇の中で肩をすくめること?

アメリカ合衆国は 1851年と1868年 ラコタ族とのフォート・ララミで結んだ 条約違反を 続けています。私が今日提案するのは 私のTEDへの希望が 条約を守ることと ブラック・ヒルを彼らに返す事であることです。そこで彼らが何をするかについて、私たちが関与するべきではありません(拍手)

 

最後に

ラコタ族が現在住んでいるパイン・リッジ保留地。破られた条約と戦闘という名の虐殺のタイムライン。ラコタ族はアメリカ軍を敗北させた。「売るか、餓死するか」キャンペーン。1890年のウンデッドニー大虐殺で、約800万人だったインディアンの人口は25万人以下になった。「ブラック・ヒルは売り物ではない」「明白な天命」の遺産。ドラクエⅢのスーの村の由来…。条約を守り、ブラック・ヒルを返そう

和訳してくださった Jinwoo Nam 氏、レビューしてくださった Gregory Hadley 氏に感謝する(2010年9月)。

ドキュメント アメリカ先住民―あらたな歴史をきざむ民


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>