sixth-sense

パティ・マース 第六感デバイスはゲームの流れを変える着用可能な技術

「10年後には人体埋め込み型の第六感デバイスを紹介しているかもしれません」パティは語りかける。ここでは、850万ビューを超える Pattie Maes のTED講演を訳し、ゲームの流れを変える着用可能な第六感デバイス技術について理解する。

要約

MITのパティ・マースと開発の指揮をとるプラナブ・ミストリによるデモ。このデモはTEDでとても人気があります。プロジェクターを搭載し、新しいインタラクションの道を拓く、着用可能なデバイス。映画「マイノリティーレポート」の世界を実感させてくれます。

As head of the MIT Media Lab’s Fluid Interfaces Group, Pattie Maes researches the tools we use to work with information and connect with one another. As an MIT grad student, Pranav Mistry invented SixthSense, a wearable device that enables new interactions between the real world and the world of data.

 

1 ”情報を探すため”の情報にいつでも簡単にアクセスできる感覚

私は「第六感」のようなデバイスを 開発できるかどうか興味がありました。適切な意思決定をするために有用な どこかに存在するであろう情報 あるいは”情報を探すため”の情報に いつでも簡単に アクセスできる感覚です。現在の携帯電話でいいのでは? と思う人もいるかもしれませんが 私はそうは思いません。例えばこのTEDで誰かに会って この最高のネットワークの場で 目の前の人と握手をしながら 「携帯のグーグルであなたを調べるので」 「ちょっと待って下さい」とは言いませんよね? あるいは、スーパーに行って 巨大なトイレットペーパー売り場の いろんなトイレットペーパーの前に立ち 携帯電話を取り出し、ブラウザーを立ち上げ ウェブサイトを見ながら どのトイレットペーパーが一番環境に優しいか 検討して購入しないですよね?

 

2 350ドルしかしないデバイス

本当の意味ではまだ、必要な情報に 簡単にアクセスし 次に何をすべきか適切な行動を 決めることはできていないのです。メディアラボにおける私の研究グループは こうした情報へのアクセスを 簡単な方法で私たちに与えてくれる 一連の発明を行ってきました。それはユーザーが行動を変えずに可能になります。これから最新の 今までで最も成功した 結果を発表します。まだまだ開発途中ではありますが 今そのデバイスを実際に身に着けています。簡単に手に入る部品で ささっと作り上げました。ところで、今のところこれは たった350ドルしかしないんですよ。

 

3 携帯可能で小さな鏡がついた電池式プロジェクター

これはシンプルなウェブカメラですが 携帯可能で、小さな鏡がついた電池式プロジェクターです。これがポケットの中の携帯電話と通信し コミュニケーションや計算する道具となります。ビデオには私の学生のプラナブ・ミストリさんが写っています。このシステムのデザインから導入までの すべての行程の真髄といえる学生です。そして、このシステムによって どんな表面にも歩み寄って 手を使うことで、彼の目の前に投射されている 情報を行き交わせることが可能になります。このシステムは4本の指の動きを追跡します。今回はお分かりのように シンプルな指サックを使用しています。もっとスタイリッシュなものがほしければ ネイルを別の色に染めてもよいでしょう。

 

4 自然なジェスチャーでやり取りでき、どんな表面でも使える

このカメラが基本的に4つの指の動きを追跡し 彼の体の動きを認識します。例えば、ロングビーチの地図にいって ズームイン、ズームアウトなど色々なことができます。このシステムは日常的なジェスチャーも認識できます。例えば写真を撮るといったジェスチャーで 目の前にあるものを実際に写真に収められるのです。そして、メディアラボに戻ると 壁に近寄って 彼が取った写真を映写し 自然なジェスチャーを用いて 並べ替えたり、整理したり サイズを変えたりできるのです。2年前にここで、ジェフ・ハンのデモを 見た方もいらっしゃると思います。マイクロソフトのサーフェステーブルに似てると思うかもしれません。そう、これも自然なジェスチャーでやり取りできるのです。両手を使ったりして 大きな違いはどんな表面でも使えることです。どのような面でもよいのです。何もなければ手を使ってもよいのです。手のひらに投射されたデータとやり取りできます。このデバイスは完全に持ち運び可能で そして (拍手)

 

5 完全にモバイルで、大量生産が可能

重要な違いは完全にモバイルであること。さらに重要な違いは大量生産が可能で 将来は今の携帯電話よりも費用が安くなり 大きなサイズにもならず もっとスタイリッシュになるでしょう。いま私が首にかけているバージョンよりもです。トム・クルーズの映画「マイノリティ・レポート」のような クールな幻想の世界に皆さんをお連れすることに加え 私たちが本当に興奮している理由は これが本当に「第六感」として機能しうるからです。皆さんの目の前にあるものが何であれ 関連する情報を与えてくれます。プラナブがスーパーマーケットに行き ペーパータオルを買おうとしています。彼が製品を手に取るとシステムが 彼が手にしている製品を認識します。イメージ認識とマーカー技術を用います。認識後、緑やオレンジ色のライトが点灯し それをクリックして追加情報を得られます。さらにこの商品が彼個人の基準に合った 正しい選択かどうか教えてくれるのです。皆さんの中でも環境に優しいトイレットペーパーより 漂白されたものを好む方がいるかもしれませんね(笑)

 

6 本や新聞を読むときに追加の情報を得られる

本屋で本を手に取ると アマゾンでの評価を見ることができます。本の表紙に投射してくれるのです。これは先程スピーチしたホアンの本です。アマゾンで5つ星の評価を得ています。プレナブがページをめくると さらに追加情報を見ることができます。読者や彼の好きな批評家のコメントなどです。ある特定のページを開くと 専門家のつけた注釈を見ることができ そのページにあるすべてについて さらなる情報を与えてくれるのです。新聞を読む行為が 決して時代遅れにはならないのです(笑)今読んでいる記事のビデオ解説を見たり スポーツの最新スコアを見たり これは物議をかもすかもしれませんが(笑)TEDで誰かと話し出すと服の上に その人のキーワード(タグクラウド)が表れます。ブログやウェブページに出てくる その人自身に関連した言葉です。この学生はカメラに興味があるとか 空港へ行く途中 航空券を取り出すとフライトが遅れているとか ゲートが変更になったと教えてくれます。もし現在の時間が知りたければ 簡単な時計の形を手首に (笑) (拍手) 描くだけなんです。

7 10年後には人体埋め込み型を紹介しているかもしれない

以上が「第六感」デバイスを開発する上で 私たちが成し遂げたことです。私たちが日々接するものから絶え間なく 情報を得られるようになるでしょう。私の生徒、プレナブはこのデバイスを支える天才です(拍手)彼はこの拍手喝采に値する貢献をしています。この3ヶ月ほとんど寝ていないと思います。彼の恋人もあまり楽しくなかったと思います。でもまだ未完成、開発真っ最中なのです。もしかしたら、もう10年経てば 人体埋め込み型の究極の「第六感」デバイスをここで紹介しているかもしれません。ありがとうございました(拍手)

最後に

”情報を探すため”の情報にいつでも簡単にアクセスできる。携帯可能で小さな鏡がついた350ドルの電池式プロジェクター。自然なジェスチャーでやり取りでき、どんな表面でも使える。完全にモバイルで、大量生産が可能。本や新聞を読むときに追加の情報を得られる。10年後には人体埋め込み型を紹介しているかもしれない。攻殻機動隊の世界へ

要約してくださった Akira Kudo 氏、レビューしてくださった Muneaki Goto 氏に感謝する(2009年2月)。

MITメディアラボ 魔法のイノベーション・パワー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>