spokesbot

デイビッド・ハンソン 「感情を表現する」ロボット

「ロボットが本当に人とそっくりになった未来がすぐそこに迫っています」ハンソンは語りかける。ここでは、70万ビューを超える David Hanson のTED講演を訳し、感情を表現するロボットについて理解する。

要約

デイビッド・ハンソンのロボットは、あなたと似ていて、同じように表情を作ることができます。感情を理解してそれに応えたり、感情の表現もできます。アインシュタイン・ロボットを使ったライブでの「感情」のデモによって、ロボットが本当に人とそっくりになった未来の様子をうかがうことができます。

David Hanson merges robotics and art to design life-like, social robots that can mimic human expression and emotion.

 

1 私は個性を持つロボットを開発している

デイビッド・ハンソンです。私は個性を持つロボットを開発しています。つまり 個性のあるロボットを開発する事により 最終的には ロボットが人の気持ちに 応えられるようになる事を目指しています。そして様々な技術を統合して 対話可能な個性のあるロボットを作り上げました。顔を見て アイコンタクトをし ありとあらゆる表情を示して 話す言葉を理解します。そして 相手の感情や相手が誰なのかという事を認識して 相手となんらかの関係を築きます。

 

2 研究の目的は機械に感受性をもたせること

一連の技術開発の中で ロボットの表情は以前よりさらに本物らしくなり 以前より 必要なエネルギーも低減したので 二足歩行が可能な最初の「アンドロイド」になりました。人間の顔にある主な筋肉をシミュレートすることにより ありとあらゆる表情をつくる事ができます。小さなバッテリーで動作して 非常に軽くできています。このフラバー(Frubber)という材料のおかげで バッテリー駆動で表情を示せるようになりました。三つの大きなイノベーションによって この材料が実現しました。それは 細孔の階層構造や ナノスケールの高分子多孔質であることなどです。歩き始めるところですね。これは 韓国科学技術院での模様です。私が頭部を 彼らが体を開発しました。研究の目的は 機械に感受性をもたせることです。単に感情を理解するだけでなく 感情に応えられるようにすることです。

 

3 人間の表情からその意図を認識することができる

カリフォルニア大学サンディエゴ校の機械認知研究室と 共同で研究をしています。彼らの表情についての技術は実に優れていて 人間の表情から その意図を認識することができるのです。また 人間の向きや頭の向きも認識します。人間の主な表情を模倣して ソフトウエアで制御できるようにしました。これをキャラクター・エンジンと呼んでいます。技術の一部をご紹介します。

 

4 キャラクター・ロボット工学で撒いた希望の種

さあそれでは ここで実際に動かしてみて 私の表情を読み取るところをお見せします。そうです。私は笑っています (笑) 次はしかめ面です。ここは照明が明るいですからね。いいですね。次に移ります 悲しい表情です。そう 笑って しかめ面して 人の感情を彼が知覚するということは 気持に応えるロボットを実現するために非常に重要なことなのです。ロボットは恐ろしいほど強力になって 人さえ殺しかねません。そうでしょう? 恐ろしいロボットは 感情に応じるようなことはできませんが そんな研究に何十億ドルも費やされました。キャラクター・ロボット工学で撒いた種から 感情に応えるロボットを目指せるかもしれません。もしロボットが人間と同等の知能を持ったら あるいは 人間以上に優れた知能を持ったら 我々の未来に対する希望の種に成りえます。

 

5 人物を認識することと自然なインターフェイスを重視

博士号を取るまでの8年間で20体のロボットを開発し その後 ハンソン・ロボティクスを創設しました。大量生産に向けた開発を行っています。わが社のロボットの一例で 数年前のワイヤード・ネクストフェストに展示したものです。視界の中の複数の人物を区別して 一人一人がどこにいるかを記憶します。個人の識別を行い その人物を記憶します。我々は二つの要素を重視しています 一つ目は 人物を認識することです。そして二つ目は 自然なインターフェイスです。人間と自然に接することができると もっと直感的にロボットを操作できるようになります。命を持ち 意識があるかのように思えるでしょう。

 

6 自らを人間であると考え、ある種の意識を持つロボット

このプロジェクトでは これらの要素を統合して アンドロイドを SF作家のフィリップ・K・ディックに似せて仕上げました。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」などで有名な作家です。映画「ブレードランナー」の原作ですね。小説の中では ロボットは 自らを人間であると考え ある種の意識をもっています。そこで我々は 彼の文書 手紙 インタビュー そして通信記録などの 大量の情報を巨大なデータベースに入れて 自然言語処理を施しました。実際に会話ができるようにするためです。気味が悪いほどの仕上がりになりました。なぜなら 彼は 人間を本当に理解しているかのように話すからです。

 

7 スポークスボットを子どもたちの良い友達にしたい

これはもっともエキサイティングな開発中の製品です。スポークスボット(spokesbot)というこの小さなロボットは フレンドリーな人工知能 機械知能を目指しました。現在は 大量生産にとりかかっています。できるだけローコストの材料で 製造できる設計にしました。子どもたちの良い友達にしたいのです。インターネットに接続できるので 年々賢くなります。人工知能が進化すれば ロボットの知能も向上するのです。 クリス:ありがとうございます。すばらしいお話でした (拍手)

最後に

個性を持つロボットを開発している。研究の目的は機械に感受性をもたせること。人間の表情からその意図を認識することができる。人物を認識することと自然なインターフェイスを重視。自らを人間であると考え、ある種の意識を持つロボット。スポークスボットを子どもたちの良い友達にしたい。ソフトバンクは2015年2月に198,000円(税抜)で「Pepper」を発売予定。ドラえもんと過ごす未来が近づいている

和訳してくださった Kazuyuki Shimatani 氏、レビューしてくださった Keisuke Kusunoki 氏に感謝する(2009年2月)。

顔という知能―顔ロボットによる「人工感情」の創発


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>