タグ別アーカイブ: 自営業

実調率は個人1%、法人7% 自営業者のための税務調査入門

税務調査が実際に行われる確率は、個人と法人とで異なる。しかし、そもそも実際に調査されることが少ないため、その実態についてはよく知られていない。ここでは税務調査の実際や後始末についてまとめ、その対策についてまとめる。

続きを読む 実調率は個人1%、法人7% 自営業者のための税務調査入門

利益500万円超で税理士に相談しよう 自営業者のための法人化入門

個人と法人とでは税体系が異なる。前者が累進課税で右肩上がりなのに対し、後者は税率が一定である。法人化の最大のメリットは節税だが、そこにはデメリットも存在する。ここではそのメリット・デメリットや会社の形態など、法人化についてまとめる。

続きを読む 利益500万円超で税理士に相談しよう 自営業者のための法人化入門

納税義務は売上1千万円超から 自営業者のための消費税入門

売上高が1千万円を超えると消費税の納税義務が発生する。すると納付税額を求めるために管理する項目が増え、記帳が煩雑になってしまう。ここでは、そういった煩雑な作業を減らすことができる簡易課税制度など、消費税にかかわる制度についてまとめる。

続きを読む 納税義務は売上1千万円超から 自営業者のための消費税入門

メリットは控除と特例 自営業者のための青色申告入門

記帳は目的ではない。特に青色申告では、記帳をもとに貸借対照表や損益計算書などを税務署に提出して初めて意味を持つ。また、その記帳水準によって控除や特例といった様々な特典がつく。ここでは青色申告の申請方法とメリットについてまとめる。

続きを読む メリットは控除と特例 自営業者のための青色申告入門

領収書は額面15%の金券 自営業者のための記帳業務入門

領収書は額面15%の金券といわれる。しかし、会社員時代にそれを実感することは難しい。経費や勘定項目、固定資産や減価償却という用語も、商売の経験を積まなければなかなか意識できないだろう。ここでは、仕事の家計簿にあたる記帳業務についてまとめる。

続きを読む 領収書は額面15%の金券 自営業者のための記帳業務入門

控除を用いて賢く備えよう 自営業者のための社会保険入門

会社員を辞めて負担に感じることは、税金と社会保険である。特に健康保険は前年度の収入に応じて保険料が増減するため、負担が大きい。ここでは自営業者にかかわる国民健康保険や国民年金といった社会保険と、各種控除についてまとめる。

続きを読む 控除を用いて賢く備えよう 自営業者のための社会保険入門

税金とは所得証明である 自営業者のための税金入門

税務処理は会社員ではあまり意識しない人が多いだろう。しかし自営業となると、申告納税するために様々な知識が必要となる。ここでは、きたみりゅうじ著「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」を参考に、7回にわたって自営業者の税務についてまとめる。

続きを読む 税金とは所得証明である 自営業者のための税金入門

進路指導の先生のための働き方入門—会社員と自営業の違い

会社員と自営業の両方を経験してみよう

今ほど進路指導や就職指導が大変な時期はないだろう。大企業のリストラ、国家間の軋轢等様々な問題を抱え、何を頼りに指導を行えばいいか、難しい判断を迫られている。本稿では下記のMay_Roma女史の発言に代表されるノマド話を参考に、私なりの会社員と自営業の長所と短所をまとめてみたい。

続きを読む 進路指導の先生のための働き方入門—会社員と自営業の違い